<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2つ下の記事、「【再掲】日本民具学会+日本生活学会+道具学会―第2回「三学会共同シンポジウム」を3/26に開催します 」に、参加申込要項、申込方法を追記しました。

三学会の学会員に限らず、どなたでも参加できます。
事前申込制、申込締切は3月16日です。

発表者の皆さんからお送りいただいたレジュメを見るに、
かなり充実した内容となるようです。
どうぞお楽しみに……。


from 事務局
[PR]
by douguhoukoku | 2016-02-12 23:23 | その他単発イベントのお知らせ
神奈川大学国際常民文化研究機構/日本常民文化研究所
(Int'l Center for Folk Culture Studies/ Institute for the Study of
Japanes Folk Culture, Kanagawa University)より、
国際研究フォーラム「Homo material---人と民具と暮らしの国際比較」
("Homo material: An international Comparison of human, utensils and ways of life")
開催のお知らせが届きました。

2月20日10:00-17:50、
神奈川大学横浜キャンパス24号館105号室にて
開催、
参加自由、事前申込不要(先着順)とのこと。

基調講演は、神野善治氏(武蔵野美術大学教授)
「"民具"の形態学---伝統のカタチをいかに解読するか---」

パネリストは……
ジョセフ・キブルツ氏(フランス国立科学研究所主任研究員)
---「お札に認める民間信仰---柴又帝釈天をめぐって---」
孟凡行氏(天津工業大学芸術与服装学院副教授)
---「民具の性質と文化構造---中国貴州省六枝ミャオ族の民具研究を例として---」
鄭然鶴氏(韓国国立民俗博物館学芸士)
---「漁法・製塩技術からみた漁村生活」
山田昌久氏(首都大学東京教授)
---「道具と資源環境---運用技術・道具名所・交渉環境を探る---」
真島俊一氏(TEM研究所、道具学会理事)
---「現代の日常生活行動のパターンの調査報告---その相関関係の4つの要素、
道具、技術、環境、人間から---」

その後、李惠燕氏(韓国・木浦大学校)をコメンテーターとして、
登壇者全員による総合討論あり。

詳しくは……こちら(神奈川大学のサイト)を。

from 道具学会事務局


[PR]
by douguhoukoku | 2016-02-09 11:42 | 会員関連外部イベントのお知らせ
日本民具学会日本生活学会、そして……道具学会
研究思想や方法、領域等の多くに共通点を有する3学会が、
互いの活性化を図るとともに、これからの共同研究、連携活動の推進を共通目標として
共同シンポジウムを開催いたします。

第2回めとなる今回は、2016年3月26日、
早稲田大学西早稲田キャンパス 55N号館、1階大会議室にて行います。

シンポジウムの基底となるテーマは、
基調講演のタイトルにあるように、「モノとカラダから見た近代」
なかでも、「運ぶ・運搬するモノと身体」にスポットライトをあてる予定です。

参加者は各学会員に限定しておりません。一般のかたのご来場も歓迎いたします。
参加要項につきましては、追って決まり次第、情報掲載します。

2/12時点での開催概要・大会ブログラムは以下のとおりです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日時:2016年3月26日(土)
13時00分〜20時頃まで(12時半開場)
会場:早稲田大学西早稲田キャンパス
55N号館 1階大会議室
東京都新宿区大久保 3-4-1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

プログラム概要
------------------------------------
開場:12時30分
開会:13時00分  開催趣旨説明---真島俊一
------------------------------------

13時10分〜 基調講演
川田順造(人類学者 日本民具学会・道具学会)
「モノとカラダから見た近代」
------------------------------------

14時〜  各学会発表(各発表者30分/途中休憩あり)
織野英史(日本民具学会)
「負子の近代と過去―運搬具の歴史を語る枠と縄」
川野和昭(日本民具学会)
「南九州の特徴ある運搬具―東南アジア大陸北部との比較の視点で」
細田彰一(道具学会)
「身につける道具の変容―工業化は何をもたらしたか」
土居浩(日本生活学会)
「コイン精米所を巡る考察―そこへ足を運ぶわけ」

16時20分〜  質疑応答
17時00分  閉会・懇親会場に移動
------------------------------------
懇親会:18時00分(or 18時30分)〜
会場:東栄
東京都新宿区大久保2-7-5 共栄ビルヂング 2F(03-6205-5803)
------------------------------------

参加要項
三学会の学会員に限らず、どなたでもご参加いただけます。
また、途中からのご参加・途中退出も可能です。

◎参加費用
シンポジウム→入場無料
懇親会会費→3500円(学生は2500円)

◎参加申込方法
事前申込制となります。
各学会にお申し込みください。

道具学会では、公式サイト上に設けた専用フォームを通じて
または学会メールアドレス info【at】dougu-tools.com にて承ります。
(【at】の部分を@に置き換えて送信してください)

受付締切:3月16日(水)

お知らせいただく項目は以下のとおりです。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
(1)所属先(日本民具学会/日本生活学会/道具学会/一般)
(2)お名前
(3)懇親会参加(参加(※)/不参加)
(4)連絡先(電話番号もしくはメールアドレス)
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
※学生のかたはその旨をお書き添え下さい(懇親会には学割参加費を設ける予定です)。

◆複数人数でのお申し込みの場合には、(1)〜(3)は各人につきお知らせください。
(4)は代表者のかたのご連絡先のみで結構です。

◆民具学会員、生活学会員のかたがたからのお申し込みについては、
速やかに、各学会に転送させていただきます。

◆(4)の連絡先は、万が一、お申し込み内容に不備があった場合、または悪天候や災害などのやむを得ない事情で当日、時間変更/中止になった場合の連絡時に使わせていただきます。それ以外の目的に用いることはございません。

お問い合わせは、
幹事学会:道具学会 事務局 info【a】dougu-tools.com
(【a】を@に置き換えて送信してください)

from 事務局

[PR]
by douguhoukoku | 2016-02-07 21:43 | その他単発イベントのお知らせ

道具学会が開催するイベント通知・報告&事務局からの各種お知らせ用ブログです。イベントについては学会Facebookもご覧ください。


by douguhoukoku