<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

本年度の道具学研究発表フォーラムを、
2016年1月23日・24日に、滋賀県立大学を会場にお借りして、
開催いたします。


口頭発表・展示発表のほか、
例年どおり、併催イベントとして、
懇親会や、道具に関する見学会(長浜地区にて予定)も企画中。
参加申込(一般参加も大歓迎!)受付は、12月下旬〜を予定しております。

開催概要ならびに詳しいプログラムは、
発表エントリーが出そろい次第、あらためてアップいたします。


12/27追記:開催概要やプログラム、参加要項を掲載しました。
こちらをご覧下さい


-----
from 事務局
[PR]
by douguhoukoku | 2015-11-26 16:22 | 年次イベントのお知らせ
治具研究会主催による見学会を、12月15日(火)13時より行います。

今回は、マンホールの蓋をご専門に、
「明日の鉄蓋を考える」をモットーに製品開発に励んでいらっしゃる
長島鋳物株式会社さんを訪れます。

先様の受入定員に比較的余裕がありますため、
道具学会会員以外の一般のかたの参加も歓迎いたします。
どうぞお気軽にお申し込みください。
───────────────────────────────────────
日時:12月15日(火)13時〜
集合場所・時間:JR宇都宮線 東鷲宮駅改札口 13時集合

改札口は1箇所のみのようです。
集合場所から現地まではタクシーに分乗して向かう予定です。

見学先:長島鋳物株式会社 久喜事業所

定員:20名
───────────────────────────────────────


見学後には駅近くの喫茶店などに場所をうつして、
見学内容について談論の場を設ける予定です(参加は自由)。

◎お申し込み方法
事前申込制といたします。
道具学会会員、一般の参加希望者ともに、
12月10日15時頃までに、道具学会事務局までメールでお申し込みください
info【at】dougu-tools.com
(【at】の部 分を@に置き換えて送信してください)
折り返し、当日の連絡先(待ち合わせ用)などをお知らせいたします。

ただし、締切日前に、申込が定員に達した場合には、
締切を待たず、受け付けを終了させていただくこともございます。
あらかじめご諒承ください。

※11/12追記
締切まで1カ月ほどありますが、既に定員の半数を超える申込をいただいています。
ご検討中のかたはどうぞお早めに。



From:研究委員会内・治具研究会
[PR]
by douguhoukoku | 2015-11-11 17:19 | 見学会・研究部会のお知らせ
+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+
その国の生活に根ざした道具とは? 
行ってみなけりゃわからない。だから探検。
地球上の道具世界に、好奇心というまなざしでいどんだ山口昌伴前会長と仲間たち。
その足跡を皆でたどってみませんか?

+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+
故山口昌伴本会前会長は国内外さまざまな地で「比較道具探検」を行い、
膨大な量のテキストとポジフィルムを残しました。
道具学会では、ご遺族より寄贈を受けた貴重な資料を順次公開しております。

7月に行いました第1回上映会では、
学会が1997年(予備調査)、1999年、2000年に行った中国探査行
(揚子江下流域の調査など。内モンゴルを含む)

ショーバンさんやその他参加者が撮影したスライドを多数紹介するとともに、
旅に同行したメンバーが登場する道具について解説を加えました。

このときに皆さんが興味を持たれた貴州の棚田と浮き蔵については、
次号『道具学会 News』(12月下旬発行予定)で、
本会理事の真島俊一さんが解説してくださる予定です。

つづく、9月の第2回上映会では、
第1回に引き続き、中国探査(2001年度)のスライド(安昌鎮、烏鎮-杭州、
温州、客家土楼踏査、湖州-深セン、上海、泉州、潮州、民俗村……)と、
少し場所がとびますが、2004年度の仏探査のスライド(リヨン郊外洗濯博物館、
ボーヌの施療院・ワイン博物館、ディジョンのブルゴーニュ生活博物館、
ビエーヴルの道具まつり及び道具博物館、ロンシャンの鉱山博物館、
トロワの道具と職人博物館……)を上映しました。
この回も、各写真にみられるさまざまな道具や生活風景に大いに話の花が咲きました。

第3回めとなる次回は、
12月12日(土)
夕刻より
(16時頃からとなる予定。決定次第、まだご案内します)、
第1回、第2回同様、
新宿NPO協働推進センター 501会議室
《新宿区高田馬場4−36−12 (旧・西戸山第二中学校内)》にて開催します。

今回は、地域ごとのスライド紹介からいったん離れて、
台所道具、乗り物、「すわる道具」などなど(テーマは決定次第、ご案内します。)
1つのテーマのもとに、山口さんが撮りためた写真をまとめて、
紹介してみる予定です。


参加費は、前回同様、1000円(配布資料代+飲物・軽食)となる予定。
※夜までの長丁場ですので、軽食をご用意いたします。
たくさん召し上がる方は、別途自己申告にて(お気持ちで……)
プラスアルファのカンパをいただけると助かります。

詳しくは、細部が決定次第、また後日配信させていただきますが、
ひとまず、日取りと会場が定まりましたので、お知らせします。

from 事務局

[PR]
by douguhoukoku | 2015-11-11 16:39 | 見学会・研究部会のお知らせ
昨年9月に道具学会主催でも上映させていただきました
道具学会会員の丸谷彰さんが監督した
針畑生活資料研究会による朽木村針畑の生活記録映画『ワキノタン』が、
11月14日に明治学院大学白金キャンパスで上映されることになりました。
当日は、丸谷さんの講演、トークフォーラムなども予定されているようです。


朽木村針畑の生活記録8『ワキノタン』
上映とシンポジウム

────────────────────────────────────────
日時:11月14日(土)13:00〜17:30(会場は12:30)

会場:明治学院大学白金キャンパス 2号館2101教室
〒108-8636 東京都港区白金台1-2-37

都営浅草線「高輪台」駅下車 A2番出口 徒歩約10分
東京メトロ南北線「白金台」駅下車 2番出口 徒歩約10分
JR「目黒」もしくは「品川」駅より都バス(品93系統)で10分「明治学院前」下車

入場無料・予約不要
主催:明治学院大学芸術学科共同研究室

────────────────────────────────────────

12:30 開場 
13:00 開会
13:00〜 開会挨拶--岡本章氏(明治学院大学教授)
13:10〜 講演『ワキノタン』を語る
     丸谷彰氏(監督・京都精華大学名誉教授、本会会員)

13:40〜 『ワキノタン』(2013、123分)上映
     旧滋賀県高島郡朽木村、針畑川流域の生活文化財の調査活動を行う
     針畑生活資料研究会が、1974年来、針畑の森や谷の恵みの暮らしから
     生み出された生活用具(デザイン)に視点をあて、村の人々の「知恵」
     と生活史の記憶をおさめてきたフィルムの総集編。
     「森と水」「谷の恵み」「トマばあとスカリ」「つながり」の4篇構成。
     じっと観ているだけで心が洗われるようなフィルムです。

16:00〜 トークフォーラム「自然・人・生活用具(デザイン)」
     丸谷彰氏、岡本章氏、長谷川一氏(明治学院大学教授)、
     司会、門間貴志氏(明治学院大学准教授)


★お問い合わせ先:明治学院大学芸術学科共同研究室 Tel 03-5421-5380
 イベント紹介ページは こちら 


from 道具学会事務局

[PR]
by douguhoukoku | 2015-11-11 15:49 | 会員関連外部イベントのお知らせ

道具学会が開催するイベント通知・報告&事務局からの各種お知らせ用ブログです。イベントについては学会Facebookもご覧ください。


by douguhoukoku