<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

YAMAHA SRシリーズのデザイナーとして知られ、
現在は造形作家として活躍する石山篤会員が、
弟さんの石山修さんと、9月18〜22日に、
世田谷区美術館区民ギャラリーで兄弟展「JOMON VOODOO」展を行います。

JOMON VOODOO
石山 篤・石山 修 兄弟展

──────────────────────────
会期:2013年9月 18日 (水) – 22日 (日)
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
最終日は16:00終了

世田谷美術館 区民ギャラリー
世田谷区砧公園1-2 tel: 03-3415-6011
──────────────────────────

■石山篤さんがメンバーを務める本会・治具研究会では、
この機に、家電研究会と合同で同展の見学会を行います。
詳しくはこちら

from 事務局


f0205340_1353910.jpg
[PR]
by douguhoukoku | 2013-09-12 13:57 | 会員関連外部イベントのお知らせ
こちらでもお知らせしましたように、治具研究会のメンバー、
YAMAHA SRシリーズのデザイナーであり、
現在は造形作家として活躍する石山篤会員が、
弟さんの石山修さんと、9月18~22日に、
世田谷区美術館・区民ギャラリーで兄弟展「JOMON VOODOO」展を行います。

治具研究会では、家電研究会と合同で、
9月21日(土)に同展の見学会を実施します。
(見学のあとは、いつものように近隣にて定例ミーティングを行います。)

メンバー以外の会員、また一般のかたの参加も歓迎。
お気軽にご参加ください。

────────────────────────────────
日時:9月21日(土)13:00集合
集合場所:東急田園都市線・用賀駅改札〈1カ所のみです〉
     を出たあたり。

※他の交通機関のほうが便利なかたは現地集合
────────────────────────────────
当日は、
まず、治具研・家電研合同で石山さんの展覧会を見学し、
それから近隣で、研究部会としての月次定例会(各会個別になるか
合同かは成り行きで……)をいたします。

家電研のほうの定例会は……、
今回は場所柄、製品分解などは少々難しいので、
互いに資料を持ち寄り、閲覧するようなかたちになるかと思います。
主として、東芝「スナックスリー」に関するその後の調査の進展や、
類似の複合調理機器についての発見につき、
意見交換をする予定です。

【参加申込方法】
■事前の人数把握のため、
会員・一般の参加希望者ともに、
前々日、9月19日15時までに、道具学会事務局までメールでお知らせください。
info【at】dougu-tools.com
(【at】の部 分を@に置き換えて送信してください)

※希望者多数の折には締切前に締め切らせていただくこともあります。
ご諒承ください。


from 事務局

[PR]
by douguhoukoku | 2013-09-12 13:57 | 見学会・研究部会のお知らせ
NHK国際放送、NHK Worldの "Asia This Week"に、
栄久庵憲司名誉会長が出演しました。

タイトルはThe Philosophizing Designer。

9月1日まで世田谷美術館で開催された「栄久庵憲司とGKの世界」展会場で
インタビューが行われた番組の模様は、こちら でご覧になれます(7分21秒/English)。

(↑既にリンク切れでした)
概要はこちらでご覧になれます。

from 事務局
[PR]
by douguhoukoku | 2013-09-12 13:45 | 会員関連外部イベントのお知らせ
田附楠人会員が、9月19〜22日にドイツ、ベルリンで開催される
Preview Berlin Art Fair2013に出品します。
今回は初めて、衝立/スクリーン状の作品両側から鑑賞可能な、
つまり製作の具体的な操作を行った面と、透明の支持体を透して
その操作された両方が直接見える作品を出品するとのこと。

Frantic Artists @Preview Berlin Art Fair 2013
田附楠人 小山篤、小川晴輝、河村啓央

─────────────────────────────
主催:Frantic Gallery
キュレーター:ENTOMORODIA curatorial net/work
会期:2013年9月 19日 (木) – 22日 (日)
会場:Opernwerkstätten Berlin
Zinnowitzestrasse 9 10115 Berlin
─────────────────────────────

案内カタログは こちらで、また、フライヤーは こちら で閲覧できます。
(下に一部抜き出し)

from 事務局


f0205340_12595673.jpg
[PR]
by douguhoukoku | 2013-09-12 13:00 | 会員関連外部イベントのお知らせ
日本デザイン機構より、第6回・Voice of Designトークサロンのお知らせが届きました。
今回のプレゼンテーターは小泉和子さん。聞き手はマニグリエ真矢さんです。
テーマは、「知恵のエネルギー、知恵のデザイン」


シリーズ:「今」の共有
Voice of Design トークサロン 第6回
「知恵のエネルギー、知恵のデザイン」
文明度は高くても文化度が低い生活——にならないようにするには
生活のエネルギーを体現し再考を促す生活史研究家

小泉和子さんと2時間

──────────────────────────────────────────
日時:2013年9月12日(火) 17:30開会(開場 17:00〜)
会場:アルカディア市ヶ谷 私学会館(最寄:市ヶ谷駅)7階「妙高」
〒102-0073東京都千代田区九段北4-2-25
Tel: 03-3261-9921
──────────────────────────────────────────
会費:日本デザイン機構会員 2000円、一般 2500円、学生 1000円
定員:先着70名
──────────────────────────────────────────
申込方法:日本デザイン機構のホームページ上のフォームを通じて、
または同様の書式にてFAX(03-5958-2156)で。

問合先:日本デザイン機構事務局
info【at】voice-of-design.com/TEL:03-5958-2155
(メールの場合は、【at】を@に置き換えて送信してください。)

──────────────────────────────────

〈開催パンフレットより〉
今、語られているエネルギー論議はほとんど従来の生活の維持と延長上に限られ、
多くの人が他に何かあるはずと思いつつ具体像が描けず、かといって昔の生活には戻れません。
しかし、日本の生活文化の総体はもっと豊かなものではなかったか。
今より厳しい時代でも、その時なりの生き方や生活を実現する
逞しいエネルギーがあったではないか。
今こそ、その潜在しているエネルギーを発揮する時ではないか。
そこで再浮上したのが「知恵」の存在です。
知恵は個人が主役であり、生活の場そのものから生まれ、
固有の生活文化を推進する大切なエネルギーでした。
いわばソフトの力です。
今回は、その知恵のエネルギーを一貫して指摘してきた小泉和子さんにお話いただきます。
館長を務める「昭和のくらし博物館」は
「家を残し、くらしを伝え、思想を育てる」をモットーに運営され、
小泉さんは「便利さや快適さを生活の豊かさと勘違いしているのではないか。
文明度は高くても文化度が低いといったことにならないように」と鋭く指摘します。
聞き手は独自の生活文化を誇る、フランス出身のマニグリエ・真矢さんです。
比較文化の視点で興味深く展開することでしょう。どうぞ皆様のご意見もお聞かせ下さい。



from 道具学会事務局
[PR]
by douguhoukoku | 2013-09-05 16:43 | 会員関連外部イベントのお知らせ

道具学会が開催するイベント通知・報告&事務局からの各種お知らせ用ブログです。イベントについては学会Facebookもご覧ください。


by douguhoukoku