<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今年度から発足した新研究部会「治具研究会」
その「第3回定例研究ミーティング」を兼ねて、
歴史的な和船制作の第一人者、馬詰氏の工房を訪れます。

メンバー以外の会員のオブザーバー参加も大歓迎。
また、会員以外の一般のかたの参加もOKです。
お気軽にご参加ください。


──────────────────────────────────────
◎集合時間:9月29日(土)12時30分
◎集合場所:JR三鷹駅改札口

※その後徒歩にて、馬詰氏の工房に向かいます(約10分ほど)。

──────────────────────────────────────
※見学の後、駅近辺の喫茶店等で、
定例研究ミーティング・懇親会を行う予定です。


■工房スペースとの兼ね合いで、人数把握のため、事前申込制といたします。
参加希望のかたは、会員/一般ともに、
前々日(9/28)までに、事務局までメールでお知らせください。

ただし参加者多数の折りには、早めに受付を締め切るかもしれません。
予めご了承ください。

◆ご連絡先:道具学会事務局
info【at】dougu-tools.com
(【at】の部 分を@に置き換えて送信してください)


From 研究委員会&事務局




[PR]
by douguhoukoku | 2012-09-13 13:51 | 見学会・研究部会のお知らせ
家電研究会・9月の定例ミーティングを兼ねて、
9月22日(土)に、目下、足立区郷土博物館で開催中の
「タイムスリップ昭和家電」展の見学会を行います。

メンバー以外の会員のオブザーバー参加も大歓迎。
また、会員以外の一般のかたの参加もOKです。
お気軽にご参加ください。


──────────────────────────────────────
◎集合時間:9月22日(土)12時30分
◎集合場所:東京メトロ千代田線・綾瀬駅「西口」改札を出たあたり

あるいは……
(JR亀有駅をご利用になるなどして)直行のほうが便利な方は、
足立区郷土博物館のエントランス付近に、13時15分頃(※)。

※「綾瀬駅集合」組は、12時46分綾瀬駅発のバスに乗る予定です。
 バスなので、到着時間に少し幅を見てくださいると助かります。

──────────────────────────────────────
※展覧会見学の後、駅近辺の喫茶店等で、
定例研究ミーティング・懇親会を行う予定です。


■事前の人数把握のため、
メンバー以外の会員、および一般の参加希望者におかれましては、
前日21日15時までに、道具学会事務局までメールでお知らせください。
info【at】dougu-tools.com
(【at】の部 分を@に置き換えて送信してください)


なお、当日遅れてしまった場合には、
直接、展覧会場におこしのうえ、合流してください。


From:研究委員会内・家電研究会
[PR]
by douguhoukoku | 2012-09-13 13:38 | 見学会・研究部会のお知らせ
会員の桐本泰一さんから、
イベント(いずれも9月12日〜東京の日本橋で開催)のお知らせが2つ届きました。



■日本橋三越本店 J・スピリッツ
「輪島キリモト×つちやゆきこ展」 漆器と陶器でカジュアルなおもてなし

────────────────────────
会期:9月12日(水)〜18日(火)
時間:10:00-19:00
会場:日本橋三越・本館5階 J・スピリッツ

────────────────────────
毎日の暮らしの中で使いやすい器を唐津にて作陶する土屋由起子さんと
輪島キリモトのコラボレーション企画。
和洋食を問わず楽しめる輪島キリモトの「千すじ漆箱」と、
その漆箱にぴったりな土屋さんの小皿や酒器など……多数出展。
会期中は桐本さん、土屋さんが在店予定。
15日(土)14:00〜
清澄白河にあるイタリアンの名店OSTERIA NICOのシェフ、
川邊亮祐さんが千すじ漆箱の使い方を実演。
16日(日)14:00〜
土屋さん&桐本さんによる、焼き物と塗り物の使い方についてのトークショー。



■日本橋高島屋 暮しの工芸
「つかううるし」 私の民藝の解釈

────────────────────────
会期:9月12日(水)〜18日(火)
時間:10:00-20:00(最終日は16:00まで)
会場:日本橋高島屋

────────────────────────
桐本さんよりメッセージ
「輪島漆器産地が江戸時代半ばから大切にしてきた大切に輪島地の粉。私はこの素材
と漆を掛け合わせ、塗師の手の動きを器の表面に留めようと考えました。かつて輪島産
地を訪ねたバーナードリーチが下地塗り最終段階を見て「完成しているじゃないか!」と
言った言葉を頼りに器として普段使い出来るところまで創り込みました。それが『千すじ
シリーズ』です。一見、曖昧な色合いですが、食べ物や飲み物の色味を映えさせます。
表面硬度も高く、傷つきにくい普段使いに最適な漆の器です」

会期中は桐本さん、および輪島キリモトのスタッフのかたが在店予定。
15日と16日は漆の器での試飲もあり、とのこと。


お近くにお越しの折はぜひお立ち寄りください。


from 事務局
[PR]
by douguhoukoku | 2012-09-09 21:58 | 会員関連外部イベントのお知らせ

道具学会が開催するイベント通知・報告&事務局からの各種お知らせ用ブログです。イベントについては学会Facebookもご覧ください。


by douguhoukoku