<   2012年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

日本デザイン機構事務局より、
7月13日に開催される第3回Voice of Design トークサロンの
お知らせが届きました。
今回のプレゼンテーターは、
インダストリアルデザイナーの向井周太郎さんとのこと。


第3回Voice of Design トークサロン「向井周太郎さんと2時間」
シリーズ:「今」の共有

「今、デザインの原点から再考する」
日本に新の意味のデザインは定着したか

────────────────────────────────
日時:7月13日(金)18:00開会(受付会 17:45) 
会場:津田ホール1階会場名「T101」 (最寄:千駄ヶ谷駅)
〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷1-18-24 
Tel.03-3402-1851

会費:日本デザイン機構会員 2000円、一般 2500円、学生 1000円
定員:申込先着50名
申込方法:下記参照

問い合せ先:日本デザイン機構事務局
Tel:03-5958-2155

────────────────────────────────

日本デザイン機構事務局よりMessage
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
日本のデザインは戦後の物資欠乏から充足、高度経済成長、
量から質、多様化、工業化から情報化へと社会が進展する中で
専門領域として高度化してきました。
しかし、モノが溢れモノ作りが国際化により基盤から問われ、
3.11を経て社会が激動し明らかな転換期の今、
デザインは試行錯誤をしているものの、社会全体に通じる論理や
新しい役割を明示できぬまま停滞感を余儀なくされています。
何故か。
何か日本のデザインに基本的に欠けている視点があるのではないか。

そこで今回、近代デザインの成立に詳しく、独自にデザイン理論を構築・
実践して来られた向井周太郎さんをお迎えして、再確認をしてみようと
考えました。
果してデザイン誕生の背景や思想は正確に日本に伝えられたのか。
向井さんは常に近代を俯瞰して自ら自省的文明の形成を提言し、
経済の手段にとどまらぬ、社会と人間の生そのものと共にある
デザインを提示して来ました。今後の展望に向けて、
単なる延長ではなく原点から捉え直そうとする試みです。
21世紀を模索し続けている方、次代を直接担う若い方々、
奮ってご参加下さい。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


申込方法
住所、氏名、年齢、所属、電話番号を明記のうえ、
メールのタイトルを「向井周太郎さんと2時間」として、
日本デザイン機構事務局
(info【at】voice-of-design.com/FAX 03-5958-2156)まで。
(メールの場合は、【at】を@に置き換えて送信してください。)


なお、同トークサロンのパンフレットは、こちらからダウンロードできます。

また、同じく日本デザイン機構主催の、
VOICE OF DESIGN デザイン•カフェ「話し合いのしくみ」を考える(6/28)も
まだ残席があるようです。
デザイン・カフェについては、こちらを。



from 事務局
[PR]
by douguhoukoku | 2012-06-21 13:44 | 会員関連外部イベントのお知らせ
日経新聞6/15の電子版の記事、
「日本は洗濯機もガラパゴス? 日米欧で方式なぜ違う」に、
道具学会家電研究会の中心メンバーで、
生活家電研究家の大西正幸理事がコメントしています。


記事はこちら
※一定期間を過ぎると消えてしまうかもしれません。

大西さんの著書「電気洗濯機100年の歴史」を読んで……
とのことだったようで、
たいへん長い取材だったとのことなんですが、
大西さんのお名前は、3ページめになってようやく出てきます。

なお、大西理事による論文「洗濯機技術発展の系統化調査」
(国立科学博物館『技術の系統化調査報告・第16集』所収)が、
国立科博のサイトからダウンロードできるようになりました。
アドレスはこちらです。

from 研究委員会内家電研究会 and 事務局

[PR]
by douguhoukoku | 2012-06-18 11:35 | 各委員会からの連絡
バスケタリー作家の会員、本間一恵さんから、目下、武蔵野美術大学内
民俗資料室ギャラリーで開催中の展覧会のお知らせが届きました。


第4回「強靱な素材、柔軟な思考」展
民具と現代バスケタリーの接点
────────────────────────
会期:開催中〜22日(金) ただし日曜日は閉室
時間:10:00-17:00
会場:武蔵野美術大学美術館・図書館
民俗資料室ギャラリー
(13号館2階)
東京都小平市小川町1-736
Tel:042-342-6006
────────────────────────

武蔵野美術大学民俗資料室が所蔵する、かごなどの民具を「編み組み」の
技術体系に基づいて展示するとともに、この技術を造形的に展開する現代
バスケタリー作品との接点を明らかにする試み。

第4回となる本展では、「縒る、綯う」をテーマに、
縄や紐をつくる技術、その機能にスポットをあてます。
関連する民具と、新しいアプローチで展開する造形作品を展示。

出品者:石井香久子、板橋幸知子、岩崎睦美、関島寿子、高宮紀子、仁尾敬二、
本間一恵(本会会員)、松山茂、山口紀子、吉田雅子

関連ワークショップ「革で紐をつくる」
16日13時〜
「ギャラリートーク」
16日15時30分〜16時30分  遺跡のかご復元と作品解説

※本間会員が青谷かごについて執筆した、絵はがき通信「道具学への招待」は
こちら


from:事務局

[PR]
by douguhoukoku | 2012-06-14 13:15 | 会員関連外部イベントのお知らせ
会員の桐本泰一さんから、梅田の阪神百貨店で開催される
イベントのお知らせが届きました。


◆阪神百貨店
「持ち出して楽しむ漆箱」展

───────────────────────────
会期:6月20日(水) 〜 26日(火)
時間:10:00-20:00
会場:阪神百貨店 7階イベントスペース「ステージ7」
   〒530-8224 大阪府大阪市北区梅田1丁目13-13
   TEL:06-6345-1201

───────────────────────────
〈桐本さんより〉
約10〜20年以上落ち着かせた木地、丁寧な漆塗が施された「漆箱」を
思い切って外に持ち出しませんか!
弁当箱をはじめとして、運動会、花火大会、持ち寄り食事会など、
使い方のご紹介や、デザイナー大治将典氏と一緒に創作した日々重、
小ます、ぐい呑み、箸箱などを初披露いたします。

※期間中は桐本さんご自身が、拭漆・作図実演し、特注・漆器のお直し
などの相談に応じるほか、
6月20日(水)・23日(土)14:00〜漆のトークショーを紙芝居形式にて
披露するとのこと。

その他、
◆東京・日本橋三越 本館5階 J・スピリッツでは、〜17日まで、
「輪島キリモト・日本橋三越店 試飲企画」(うるしのカップを使った試飲会)が、
◆また、6月24日には、輪島キリモト・金沢店にて、
「MY スプーンをつくろう」(好みの形・サイズのスプーンを選んで、
木地仕上げと拭漆を体験)。→ 詳しくはこちらを。



from 事務局
[PR]
by douguhoukoku | 2012-06-14 12:39 | 会員関連外部イベントのお知らせ
学会ホームページに「会員紹介」コーナーを追加しました。
こちらのリンク先をご覧下さい。

まずは理事を中心に5名分、
今後も引き続き、さまざまな会員を紹介予定です。


from ホームページ委員会(コミュニケーション委員会) & 事務局


[PR]
by douguhoukoku | 2012-06-11 15:01 | 各委員会からの連絡
研究委員会委員長の石崎友紀理事が、
6月30日放送の、日本テレビ「世界一受けたい授業」に出演します。


以前に、同番組に小林繁樹理事が出演したご縁で……とのことのようです。

今回は、さまざまな「仕事を支える道具」がテーマの模様。
どんな道具が紹介されるのか、楽しみです。

なお、先日お知らせした大西正幸理事が出演する「家電の学校」の
再放送の日時が変更になりました。
16日とお知らせしましたが、23日に変更になっています。
本放送の日時に変わりはありません。詳しくは、こちらを。

from 研究委員会 and 事務局

[PR]
by douguhoukoku | 2012-06-11 14:56 | 各委員会からの連絡
道具学会・家電研究会の中心メンバーで生活家電研究家の大西正幸理事が、
今月、BSジャパン「家電の学校」に再登場します。


今回のテーマは・・・・・扇風機
放送は13日(水)21時〜、再放送が23日(土)13時〜。

先日撮影があった模様です。

なお、次回の家電研究会・研究ミーティングは6月23日に開催いたします。
詳しくはこちら

また、大西理事による「2009年度道具学研究発表フォーラム」での
関連する、口頭発表「生活家電・電気扇のはじまり」の発表内容は、
当該年度の「研究発表フォーラム 口頭発表梗概集」に
収録されています。

from 家電研究会(研究委員会) and 事務局

[PR]
by douguhoukoku | 2012-06-05 13:08 | 各委員会からの連絡
学会ホームページの『学会刊行物」コーナーに、
以下の、年次刊行物2誌のバックナンバーの目次データを追加しました。

『研究発表フォーラム口頭発表梗概集』(2009〜2011年度)
『道具学論集』(2009年度(第15集)〜2011年度(第17集))

こちらのリンク先をご覧下さい。

論集は……
2008年度(第14集)までは、『季刊道具学』に合綴していましたので、
単体としての刊行は、2009年度(第15集)から、となります。

一般の方へも頒布をいたしております。
フォーラム梗概集・・・1000円/1冊
道具学論集・・・1500円/1冊

ご希望の節は、
and 送料等販売方法についてのお問い合わせは、
道具学会事務局まで。
info【at】dougu-tools.com
(【at】の部 分を@に置き換えて送信してください)

from ホームページ委員会(コミュニケーション委員会) & 事務局


[PR]
by douguhoukoku | 2012-06-05 12:53 | 各委員会からの連絡
道具学会法人会員である、味の素食の文化センターを訪問し、
常設展示「錦絵にみる江戸の食文化
ならびに、食の文化ライブラリーを見学します。

また、懇親会&ミーティングを兼ねた昼食をはさんだ後、
午後には、物流博物館も訪れます。

さらに、時間があるかたがいれば、その後、
原美術館にも足をのばそうと思っています。

───────────────────────────
◎集合時間:6月16日(土)10時30分
◎集合場所:京急・品川駅の改札前
(京急は、外への出口は1箇所のみです)
───────────────────────────
※JR品川駅からは、
中央改札口または北改札口より、広い通路に出て、
高輪口(西口)エスカレーターを降りた(地上階)左手となります。

なお、当日遅れてしまった場合には、
直接、味の素食の文化センターにおこしのうえ、
合流してください。

■参加を希望されるかたは、
事前の人数把握のため、会員・一般ともに、前日15日15時までに、
道具学会事務局までメールでお知らせください。
info【at】dougu-tools.com
(【at】の部 分を@に置き換えて送信してください)



From:コミュニケーション委員会
[PR]
by douguhoukoku | 2012-06-01 14:06 | 見学会・研究部会のお知らせ
家電研究会・6月の定例ミーティングを、
6月23日(土)13時より行います。


メンバー以外の会員のオブザーバー参加も大歓迎。
また、会員以外の一般のかたの参加もOKです。
お気軽にご参加ください。

───────────────────────────
日時:6月23日(土)13時〜
場所:事務局
〒169-0074 東京都新宿区北新宿1-30-30 
近鉄不動産柏木ハイツ508号
(※地図はこちらを)
tel/fax: 03-3369-0460
───────────────────────────


■事前の人数把握のため、
メンバー以外の会員、および一般の参加希望者におかれましては、
前日22日15時までに、道具学会事務局までメールでお知らせください。
info【at】dougu-tools.com
(【at】の部 分を@に置き換えて送信してください)



From:研究委員会内・家電研究会
[PR]
by douguhoukoku | 2012-06-01 13:54 | 見学会・研究部会のお知らせ

道具学会が開催するイベント通知・報告&事務局からの各種お知らせ用ブログです。イベントについては学会Facebookもご覧ください。


by douguhoukoku