<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

f0205340_12531764.jpg田附楠人会員の作品が、11月23〜27日、
世田谷ものづくり学校エントランスで展示されます。


「高橋淳 田附楠人 
Alternative Lines」展

────────────────────────
Frantic Gallery Tokyo
会期:11月23日〜27日 11:00〜19:00
会場:〒154-0001
 東京都世田谷区池尻2-4-5 IID116
 (世田谷ものづくり学校・エントランス)

────────────────────────
案内パンフレット(右参照)を
お送りいただいていますが、
ボリュームの関係で、縮小版しか掲載できません。
ご希望の方には原寸のものを
転送します(Jpegファイル)ので
ご請求ください。
宛先:info【at】dougu-tools.com
  (【at】の部 分を@に置き換えて送信してください)


from 事務局
[PR]
by douguhoukoku | 2011-11-21 12:57 | 会員関連外部イベントのお知らせ
竹筬研究を専門とする今村史絵本会会員が所属している
日本竹筬技術保存研究会の展示会が、
23〜27日に横浜市シルク博物館で行われます。


第6回「試作竹筬による織布展」
ー甦らせるぞ・竹筬ー

─────────────────────────────
日時:2011年11月23日(祝・水)〜27日(日)
 9:00〜16:30
会場:横浜市シルク博物館 
入場料:通常入館料
主催:日本竹筬技術保存研究会(竹筬研究会)
後援:横浜市経済局

─────────────────────────────
◎内容紹介
作家および竹筬研究会会員による、試作竹筬による織布の展示、
会員製作の竹筬、竹筬製作工程と道具、外国を含む様々な竹筬の紹介、
会員による実演と解説、竹筬の診断と修理(預かり修理は実費)。

■竹筬研究会会員による筬羽作り実演と解説
10:00〜11:00、13:00〜14:00

■来館者が持参した竹筬の診断と修理
11月25〜27日  13:00〜16:00
旧・日本竹筬工業(株)技術者である大橋滋氏による古い竹筬の
診断(筬羽差換え・筬組替え)。※その場での修理(羽の差換え)以外は実費。

■ ビデオ上映
旧・日本竹筬工業(株)の竹筬製造
筬作り研修、沖縄などのワークショップの様子


■試作竹筬による織布 出展予定者(敬称略)
沖縄県宮古織物事業協同組合/神里佐千子(宮古上布・宮古島市)/
新垣幸子(八重山上布・石垣島市)/花城キミ(小浜島)/
西筋ヒデ(多良間島)/上原美智子(南風原町)/
大城拓也(南風原町)/大城一夫(琉球絣)/
平良道子(久米島紬・久米島)/桃原禎子(同左)/
鹿児島県大島紬指導センター(奄美市)/
築城則子(北九州市)/甲木恵都子(郡上紬・那珂川町)/
小柳裕子(博多献上着尺・福岡市)/松枝哲哉・小夜子工房(久留米絣)/
都機工房:志村ふくみ・洋子(京都市)/志賀松和子(京都府和束町)/
丹波布伝承館(兵庫県青垣町)/磯緋佐子(名古屋市)/
間瀬邦子(愛知県豊田市)/小林佐智子(愛知県武豊町)/
原千絵(岐阜県郡上市)/薦田綾子(山梨県北杜市)/
宗広尚子(あしがら紬・南足柄市)/佐伯恵(東京都)/
唐仁原ますみ(川越唐桟・さいたま市)/山田春子(川越唐桟・川越市)/
手織の仲間さくら(千葉県佐倉市)/小室正子(茨城県水戸市)/
繁藤道子(茨城県小美玉市)/宮本里子(茨城県土浦市)/
小峰和子(埼玉県狭山市)


※筬(おさ)とは?----日本竹筬技術保存会のサイトをご覧ください。

from 事務局
[PR]
by douguhoukoku | 2011-11-17 19:12 | 会員関連外部イベントのお知らせ
12日に開催された家電研究会・11月の定例会では……
資料として、『家庭の友』、『婦人の友』の大正〜昭和40年代のバックナンバー
から、家庭電化、電気製品に関する記事や、広告、通販頁を抜き出したものや、
東芝の『洗暖技報』等を俎上に、これまでの議論をすすめました。
詳しくは、次号『道具学会News』での家電研究会からの報告をご覧ください。


当日の本題とは少し離れますが……、
メンバーの大西さんが、「陶製電気湯沸かしポット」の一例として、ご自宅にお持
ちの、'83年製のポットの写真を持参してくださいましたので、下にご紹介します。
花柄が用いられたのには、製造時に表面にできてしまうピンホールを隠す意味も
あったとのこと。穴の位置はまちまちなので、穴に合わせて小花のシートを貼った
(つまり一品一品、柄がバラバラ)こともあったとか……。その他、形状としては、
本会理事の磯貝さんがかつてデザインされたように「急須型」のポットもあった
ようです。


1983年(昭和58)東芝製 PL-580/0.81リットル/450W/10,000円
マグネットプラグ式


f0205340_1921739.jpg





f0205340_1924373.jpg


























研究委員会・家電研究会
[PR]
by douguhoukoku | 2011-11-13 19:18 | ■終了イベントのREPORT
12月10日に上野の国立科学博物館で開催される『産業技術史講座』で
道具学会家電研究会メンバーの生活家電研究家、大西正幸さんが
「洗濯機 技術発展の歴史」と題する講演を行います。


国立科学博物館『産業技術史講座』
「洗濯機 技術発展の歴史」

─────────────────────────────
講師:大西正幸

前 産業技術史資料情報センター・主任調査員、
生活家電研究家

─────────────────────────────
日時:12月10日(土) 14:00〜16:00(開場は13:30)
会場:国立科学博物館・地球館 3階講義室
定員:40名
対象:一般(高校生以上)
費用:通常入館料
締切日:11月19日 消印有効
申込方法:往復はがき または WEB(下記リンク)

─────────────────────────────

◎内容紹介
人が生活する限り、衣類は汚れる。
歴史的に、衣類の洗濯作業は主婦の仕事であり重労働であった。
わが国では、1930(昭和5)年に撹拌式電気洗濯機の製作に着手した。
戦後、1953(昭和28)年以降、噴流式及び渦巻式一槽式洗濯機が
爆発的に伸び、つづいて二槽式、自動二槽式そして全自動式へと発展した。
2000年に入り、静かで高性能の洗濯乾燥機が注目されてきた。
80年前に、外国製品を見様見真似で開発した洗濯機は、やがて自らの
創意工夫により、使いやすく安くつくれる商品を目ざして日夜努力を重ね、
世界に誇る商品を生み出すことができた。
大量生産により、収入に対して相対的に安い商品となり、
今では年間400万台以上が購入されている。
しかも、ほとんどが買い換えである。


詳細は……産業技術史資料情報センターのサイトをご覧ください。

from 事務局
[PR]
by douguhoukoku | 2011-11-11 14:55 | 会員関連外部イベントのお知らせ
11月16日に放映される『家電の学校』(BSジャパン)に、
東芝で長らく製品開発に携われた道具学会家電研究会メンバーの
生活家電研究家、大西正幸さんがゲスト出演します!

放映日時:11月16日(水)21:00〜22:00

テーマは「こたつ」
今、注目されつつあるフラット・ヒータの紹介などなど……。

---------
大西さんの昨年の著書、『生活家電入門』(技報堂出版)の
内容案内はこちら


from 研究委員会

[PR]
by douguhoukoku | 2011-11-11 14:32 | 各委員会からの連絡
『道具学会News42号』でも予めお知らせしましたように、
本会理事でもある、湯たんぽ研究家・浜中進さんの所蔵する暖房具約250点を
集めた展覧会が、大田区立郷土博物館で開催されています。


大田区立郷土博物館・平成23年度 特別展
「冬のぬくもり、エコ暖房 湯たんぽ」

───────────────────────────
会期:10月30日(土)~12月18日(日) 9:00~17:00  
※月曜休館
会場:大田区立郷土博物館 2階展示室
〒143-0025 大田区南馬込5-11-13
Tel: 03-3777-1070

───────────────────────────
そもそも湯たんぽとは何なのか? その名称、構造、機能、
使用目的、使用方法等々について解説するとともに、
古くは中国唐時代に現れ、日本には室町時代に伝わったという
湯たんぽの歴史と文化を探ります。

金属製、陶製、ゴム製、プラスチック製などなど、
各種素材の湯たんぽを中心に、
その他、行火、懐炉、寝爐、炬燵などの暖房具、計約250点を展示紹介。

浜中理事による講演会、フロアトーク(展示物解説)もあります。
◎講演会
第1回 11月20日(日)14:00〜 「湯たんぽの歴史と文化」
第2回 12月4日(日)14:00〜 「湯たんぽをコレクションして」
定員:両日ともに、80名(先着順)
(当日、会場にて直接申込み)
◎フロアトーク
11月27日(日)・12月18日(日) いずれも14:00〜
(当日、会場にて直接申込み)


from 事務局

下図版:同展図録表紙にも取り上げられている「浅井式湯婆」の後継器種
(出願)大正3年9月13日(登録)大正4年5月15日
(實用新案權者(考案者))大阪市西區江戸堀南通三丁目十四番地 浅井貫一 
登録實用新案第35424号

f0205340_18194968.jpgf0205340_1820933.jpg
[PR]
by douguhoukoku | 2011-11-01 18:24 | 会員関連外部イベントのお知らせ
以下の日時に、次号『道具学会News』(43号)の編集会議を行います。
43号は、来年1月に日本工業大学にて開催予定の、今年度「研究発表フォーラム」
の案内号(プログラム告知等)となる予定です。
──────────────────────────────
日時:11月12日(土)10時30分〜12時半
場所:事務局
〒169-0074  
東京都新宿区北新宿1-30-30 
近鉄不動産柏木ハイツ508号
(※地図はこちらを)
tel/fax: 03-3369-0460
──────────────────────────────
編集委員以外の会員のかたのオブザーバー参加も大歓迎!
ただし、人数把握のため、できましたら前日までに事務局までお知らせください。

※当日の参加人数によっては、会場を近隣のファミレス等に変更するかもしれません。
その際にはまた通知します。
※また、当日、参加できない方においても、メール等でご意見や企画、執筆者の
ご推薦等をいただけると助かります。

From 『道具学会News』編集委員会

[PR]
by douguhoukoku | 2011-11-01 15:03 | 各委員会からの連絡
家電研究会・11月の定例ミーティングを、
11月12日(土)13時より行います。


メンバー以外の会員のオブザーバー参加も大歓迎。
また、会員以外の一般のかたの参加もOKです。
お気軽にご参加ください。
───────────────────────────
日時:11月12日(土)13時〜夕方まで
場所:事務局
〒169-0074 東京都新宿区北新宿1-30-30 
近鉄不動産柏木ハイツ508号
(※地図はこちらを)
tel/fax: 03-3369-0460
───────────────────────────


■事前の人数把握のため、
メンバー以外の会員、および一般の参加希望者におかれましては、
前々日10日までに、道具学会事務局までメールでお知らせください。
info【at】dougu-tools.com
(【at】の部 分を@に置き換えて送信してください)


11/9追記: 
希望者が増えてきましたので、予定より早めに参加受付を締め切らせて
いただくかもしれません。なにぶん、事務局内スペースに限りがありますので、
ご諒承いただけたら……と思います。
希望のかたはお早めに。


From:研究委員会内・家電研究会
[PR]
by douguhoukoku | 2011-11-01 15:02 | 見学会・研究部会のお知らせ

道具学会が開催するイベント通知・報告&事務局からの各種お知らせ用ブログです。イベントについては学会Facebookもご覧ください。


by douguhoukoku