カテゴリ:■終了イベントのREPORT( 38 )

1月23日・24日に
滋賀県立大学を会場にお借りして行いました2015年度道具学研究発表フォーラムは
たいへん盛会のうちに終了いたしました。

大寒波が到来しているなかでの開催となり、
お天気と足の便が心配されましたが、
幸いにして、23日も24日も晴れ(翌25日は大雪だったそうですが……)。
参加者の皆さんのなかに「強力『晴れ男/女』」がいたようです。

多彩なテーマの発表もさることながら、
会場校の印南先生&学生さんたちが懇親会用にご用意くださった
近江の食材・お酒を堪能し、
24日は快晴の長浜地区を見学することができました。
関係各位に感謝いたします。

会の模様は、学会機関誌『道具学会News』次号で報告します。
また、学会Facebookにも順次、写真などを上げていく予定です。

また発表内容は、例年通り
年度末に『フォーラム発表梗概集』として刊行物にまとめる予定です。
(一般頒布もいたします。)

from 事務局


f0205340_15343930.jpg
[PR]
by douguhoukoku | 2016-01-27 15:35 | ■終了イベントのREPORT
1月31日・2月1日に、浜松の静岡文化芸術大学にて開催いたしました
2014年度研究大会「道具学研究発表フォーラム」は、おかげさまをもちまして
盛況のうちに閉幕いたしました。

発表者の皆さん、参加いただいた皆さん、
お疲れさまでした&ありがとうございました!


開催中の写真は(一部は下にも掲載しましたが)、
学会Facebookにてご多数、紹介中です。


大会の模様は、3月末に刊行予定の学会機関誌『道具学会News』55号にてもご報告いたします。
また各発表の内容をまとめた『発表梗概集』も、同じ頃に刊行予定です。
いずれも4月上旬に会員への一斉送付を予定しています。
また、一般頒布もいたしております。価格等はこちらを。

from 研究委員会&事務局


f0205340_18422072.jpgf0205340_18424233.jpg
[PR]
by douguhoukoku | 2015-02-05 18:48 | ■終了イベントのREPORT
1月12-13日に、武庫川女子大学甲子園会館を会場にお借りして開催しました
今年度の「道具学研究発表フォーラム」
おかげさまをもちまして、
口頭発表・展示発表、併催イベントともに、大変盛況のうちに閉幕いたしました。

当日の模様はFacebookにアップしています。どうぞご覧ください。

なお、口頭発表の内容は、
年度末の3月に、『発表梗概集』として冊子にまとめ刊行いたします。
また、
展示発表や各種併催イベントの模様は、
同時期発行の次号『道具学会News』(48号)で特集予定。
どうぞお楽しみに。

ともに一般頒布もいたします。
(梗概集は1000円、学会Newsは250円/送料実費)
お申し込み方法・バックナンバーのリストは、
学会サイトをご覧ください。

from 事務局

【写真】 
上段:口頭発表---会場との質疑応答の模様
下段:甲子園会館見学会



f0205340_12415850.jpgf0205340_1242106.jpgf0205340_12422672.jpgf0205340_12423879.jpg
[PR]
by douguhoukoku | 2013-01-16 12:51 | ■終了イベントのREPORT
治具研究会、10月の定例研究会(10/27開催)では、
バイクの1/9スクラッチモデラーとして活躍する高梨廣孝本会監事のアトリエを訪問。
現在進行中という、ヤマハVMAXの制作の模様と使用道具・治具を見せていただきました。
VMAXをデザインされた一条厚氏も、実車のVMAXに乗られてゲスト参加!

実車と1/9モデルを同時に見ることができ、
また、高梨さんが、彩色のためにいったん分解していくスクラッチモデルのパーツの
ひとつひとつについて、一条さんがデザインの秘密を明かしてくださるなど、
じつに贅沢な機会に!

詳しいリポートは、学会機関誌『道具学会News』次号(12月末発行予定)に掲載しますが、
先行して、一部写真を紹介します。
また、Facebook上でも当日の写真を紹介していますので、あわせてご覧ください。

当日は、その貴重なシーンをビデオに収めています。
1月の研究大会「道具学研究発表フォーラム」の折に一部、上映したいと考えています。
同フォーラムでは、高梨監事も展示発表予定。
VMAXとはまた別の、ちょっと珍しい二輪車のモデルを公開予定です!

※写真1番下は、R80GSのガストン・ライエモデル。
のぞきこんでいるのは治具研メンバーでヤマハSRシリーズのデザイナー、石山篤さん。

※11〜12月の治具研究会のご案内はこちらを(一般参加もOKです)。



f0205340_13415363.jpg
f0205340_135536.jpg
f0205340_13411093.jpg
f0205340_1343869.jpg
f0205340_13433540.jpg
[PR]
by douguhoukoku | 2012-11-12 13:57 | ■終了イベントのREPORT
治具研究会、9月の定例研究会(9/28開催)では、
歴史的な和船制作の第一人者、馬詰氏の工房を訪れました。

詳しいリポートは、学会機関誌『道具学会News』次号(12月末発行予定)に掲載しますが、
先行して、当日の写真を紹介します。

当日は、貴重なお話をビデオに収めました。
1月の研究大会等の折に一部、上映したいと考えています。


f0205340_13241660.jpgf0205340_13243326.jpgf0205340_13244474.jpg
[PR]
by douguhoukoku | 2012-11-12 13:28 | ■終了イベントのREPORT
2012年度の定時総会を5月19日(土)に開催いたしました。

総会、併催講演会、懇親会ともに30名ほどの参加でしたが、
議事はすべてとどこおりなく進行、
講演会や懇親会も、和やかにとりおこなわれました。

会のもようは、次号『道具学会News』(6月末〜7月頭に発行予定)で特集予定です。
前年度の事業報告や監査報告、今年度の事業案や予算案等の議事進行はもちろん、
役員選挙後に着任した、新監事・新理事のご挨拶、
新研究部会の立ち上げについて、
そして、佐野邦雄前監事による講演会の模様などもリポートします。

詳細はそちらをご覧いただくとして、
ひとまず、当日の模様を写真でご紹介いたします。

from 事務局

写真上から……総会の模様/佐野邦雄氏講演会/懇親会



f0205340_14545170.jpg
f0205340_14551097.jpgf0205340_14552683.jpg
[PR]
by douguhoukoku | 2012-05-27 14:57 | ■終了イベントのREPORT
遅くなりましたが……1月28日に開催した、家電研究会主催・
東芝科学館『田中久重ものがたり展』見学会の写真をアップいたします。
当日ご案内くださった東芝科学館アテンダントの佐藤さん、野田副館長に
厚く御礼申し上げます。

見学会の詳細は、
次号『道具学会News(44号)』(3月末発行予定・一般頒布可)でも
リポート予定です。どうぞお楽しみに。

また、※同展(4月27日まで)の内容については、
こちらをご覧ください。

2月の家電研定例ミーティング(2/18or2/25で、調整中)も、
引き続き、家電関連の展覧会の見学会を兼ねて行おうかと企画中です。
メンバー以外の会員や、一般の方の参加も歓迎いたします。
詳細が決まりましたらご案内します。


from 事務局

f0205340_1612969.jpgf0205340_16122766.jpgf0205340_16124347.jpgf0205340_16131772.jpg
[PR]
by douguhoukoku | 2012-02-10 16:14 | ■終了イベントのREPORT
1月7〜8日に開催しました2011年度「道具学研究発表フォーラム」
(プログラム内容はこちら
1月11日にいちど、概報を掲載しましたが、遅ればせながら……
併催イベントの「パネルディスカッション」の模様の写真も掲載します。

パネル・ディカッション(1/8開催)概要 
テーマ「機械の生命感」

パネリスト
一条厚氏(GKダイナミックス取締役副社長),
石山篤氏(GKダイナミックス前社長、造形作家、本会会員),
大島康彰氏(日本工業大学機械工学科教授)
モデレーター:石崎友紀本会理事

なお、1月にもお伝えしたように……、

◇パネルディスカッションを始めとする各種フォーラム併催イベント
(日工大キャンパスおよび工業技術博物館見学会、懇親会)の模様は、
フォーラム展示発表とともに、
3月末に発行する学会機関誌『道具学会News 44号』で詳細をリポートします。

◇また口頭発表者の発表要旨は、『フォーラム梗概集』にまとめ、
同じく年次発行物である『道具学論集』とともに、
3月中〜下旬に、会員の皆さんに配布予定です。


※学会内の各種刊行物は、一般への頒布(有料)もいたします。
ご希望の節は学会事務局までお問い合わせください。
事務局アドレス: info【at】dougu-tools.com
(【at】の部分を@に置き換えて送信してください


from 事務局


--------------
写真は……各パネリストによるミニレクチャー と
その後のディスカッション(時間が押していたのが残念でしたが……)


f0205340_15412715.jpg
f0205340_15415011.jpgf0205340_15421568.jpgf0205340_1542336.jpg
[PR]
by douguhoukoku | 2012-02-02 15:52 | ■終了イベントのREPORT
1月7〜8日に開催しました2011年度「道具学研究発表フォーラム」
(プログラム内容はこちら
会場となった日本工業大学の学生の皆さんの参加も得て、
盛況のうちに終了することができました。
ご協力いただきましたみなさんに厚く御礼申し上げます。


当日の口頭発表者の発表要旨は、
『フォーラム梗概集』としてまとめ、
同じく年次発行物である『道具学論集』とともに、
3月中〜下旬に、会員の皆さんに配布予定です。

また、展示発表の模様や、その他併催イベント
(パネルディスカッション、日工大キャンパスおよび工業技術博物館見学会、
懇親会)については、3月末に発行する学会機関誌『道具学会News 44号』で、
詳細をリポートします。


どちらも、どうぞお楽しみに!

※学会内の各種刊行物は、一般への頒布(有料)もいたしています。
ご希望の節は学会事務局までお問い合わせください。
事務局アドレス: info【at】dougu-tools.com
(【at】の部分を@に置き換えて送信してください)

from 事務局


--------------
写真上から:
口頭発表、展示発表、懇親会、工業技術博物館見学会
(パネルディスカッションの模様の写真も後日UPします。and 可能なら一部ビデオも……)
※2/2追記:
パネルディスカッションの写真、追加しました。 こちら……をご覧ください。


f0205340_15151545.jpgf0205340_15153765.jpgf0205340_1516636.jpgf0205340_15162824.jpg
[PR]
by douguhoukoku | 2012-01-11 15:28 | ■終了イベントのREPORT
12日に開催された家電研究会・11月の定例会では……
資料として、『家庭の友』、『婦人の友』の大正〜昭和40年代のバックナンバー
から、家庭電化、電気製品に関する記事や、広告、通販頁を抜き出したものや、
東芝の『洗暖技報』等を俎上に、これまでの議論をすすめました。
詳しくは、次号『道具学会News』での家電研究会からの報告をご覧ください。


当日の本題とは少し離れますが……、
メンバーの大西さんが、「陶製電気湯沸かしポット」の一例として、ご自宅にお持
ちの、'83年製のポットの写真を持参してくださいましたので、下にご紹介します。
花柄が用いられたのには、製造時に表面にできてしまうピンホールを隠す意味も
あったとのこと。穴の位置はまちまちなので、穴に合わせて小花のシートを貼った
(つまり一品一品、柄がバラバラ)こともあったとか……。その他、形状としては、
本会理事の磯貝さんがかつてデザインされたように「急須型」のポットもあった
ようです。


1983年(昭和58)東芝製 PL-580/0.81リットル/450W/10,000円
マグネットプラグ式


f0205340_1921739.jpg





f0205340_1924373.jpg


























研究委員会・家電研究会
[PR]
by douguhoukoku | 2011-11-13 19:18 | ■終了イベントのREPORT

道具学会が開催するイベント通知・報告&事務局からの各種お知らせ用ブログです。イベントについては学会Facebookもご覧ください。


by douguhoukoku